自動車ローン

車は昔から高額な買い物の一つですよね。最近では若者の車離れが話題になることもありますが、一部には熱烈なコレクターがいるのも事実です。車が日常の一部になっている方も多いのではないでしょうか。

 

けれども、なかなか一度の支払で購入できる方は多くありません。そこで分割払いとして自動車購入時に活用できるのが、この自動車ローンなのです。1960年代にプリンス自動車(現:日産自動車)がローンを提供したのをきっかけに始まったといわれています。賃金業者によって呼び方が異なり、「マイカーローン」「オートローン」などの名称でプランを提示している所もあります。プランによって、バイク購入費用、自動車運転免許取得費や、車検、修理代などの借入が可能な所もあるようです。

 

一昔前の自動車ローンといえば、購入者は自動車販売店やディーラーが契約したローン会社としかローンを組むことができませんでした。現在では、金融機関が個人向けに融資してくれ、販売店やディーラーとは別に独立して自動車ローンが組めます。その為、選択の幅も銀行や信用金庫、JA、信販会社、損保など自由に広がり、サービス内容もますます充実・柔軟対応してきているのが特徴です。

 

自動車ローンは、利用目的がはっきりしている分、一般的な他のローンよりも金利が低い傾向があります。商品によって金利が異なるのはもちろんですが、必ず注意してほしいのは保証料の存在です。この保証料がのローンの金利に含まれている場合とそうでない場合があるのです。

■保証料とは
保証料は、個人がローンをする時に、保証人を立てず、保証代行会社に保証依頼した手数料のこと。いわば支払い保証の保険料です。
最近の自動車ローンは、保証人不要でも大丈夫なことが多くあります。しかし実際は、保証人の代わりに保証代行会社に依頼する契約なのです。

 

つまり、一見安い金利に見えても、保証料が含まれていない場合、返って高い金額を払うことになる可能性があるということ!
自動車ローンご利用時は、金利だけなく保証料も必ずご確認下さいね!!

 

↓優良カードローンを匿名で簡易審査するならこちらから↓

簡易審査はカードローンの公開情報を元にあなたに合ったカードローンを提示します。