住宅ローン

人生で誰もが夢見る大きな買い物、それが自分や家族の住む家、マイホームではないでしょうか。
けれども、よっぽどのお金持ちでないと家を一括払いなんて夢のまた夢ですよね。
そんな大半の人が利用するローンが住宅ローンです。

 

住宅ローンとは、住宅や土地取得や改築の目的の為に、金融機関から借入れるローンです。
土地や家屋を担保とする所は不動産ローンに似ているかもしれませんが、住宅目的以外(借換え除く)で、途中から借入れ利用することもできません。土地のみの購入、賃貸の購入にも原則利用できないのが特徴です。それは住宅ローンが、原則、本人やその家族がマイホームに住む為のものだからです。詳細は金融機関によって異なりますが、最近では、本人の両親の住居やセカンドハウスの利用もできる場合があるようです。

注文住宅を建設予定で土地の購入が必要という場合は、もちろん利用可能です。但し、条件や制約として、土地購入から一定期間内(半年が一般的)に建築することが求められます。

 

ところで、借入で気になるのは金利ですよね。住宅ローンの金利には固定型と変動型とあります。
→変動型・固定型とは?目的別ローン参照
よく分からない、という方が多いと思いますが、長期の返済になるということで、一般的に金利が高くなるリスクのある変動型や短期固定タイプよりも、安定した固定型を選択される方が多いようです。ローン契約時の金利が低ければ、その金利状態でずっと返済ができるのもこのタイプです。

 

住宅ローンは、主に公的融資の公的住宅ローンと民間融資の民間住宅ローンとあります。
公的ローン(住宅金融公庫融資や年金融資)が安全で有利といわれていましたが、平成19年に住宅金融公庫融資が廃止されたことにより、現在では「フラット35」を始め、民間ローンが一般的になり、種類もサービスも充実してきています。

※「フラット35」とは・・・民間機関と住宅金融支援機構が提携している長期固定型金利の住宅ローン

 

住宅ローンの種類もサービスも豊富になってきていますから、損をしない為にも、仮審査でプランの比較やご相談をされて下さいね!

↓優良カードローンを匿名で簡易審査するならこちらから↓

簡易審査はカードローンの公開情報を元にあなたに合ったカードローンを提示します。