不動産担保ローン

ドラマなどでご覧になった家の差押えなどをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。
一体どのようなローンなのでしょうか。

 

不動産担保ローンとは、個人・法人が不動産を担保に資金を借入できる使途自由のローンのことです。
言い換えれば、不動産を担保にした有担保のフリーローンといえましょう。

 

有担保の為、賃金する金融機関も貸し倒れのリスクが小さくなることから、無担保ローンよりも低金利での融資を受けることができます。また、与信(個人の信用)の審査が低めでも、担保とする不動産の価値に応じて高額にまります。その規模は、融資額は数百万円〜数億円規模とされています。無担保で、個人の信用を元にするクレジットカードやカードローンなどとは、大分感覚が異なることが分かりますね。その代わり、返済を延滞したり返済が苦しくなったりしたら、有担保ですから、担保の不動産を競売などで売却することになります。

 

その不動産評価額のおおよそ7割が、融資限度額というのが一般的なようです。
担保にする不動産は、マンションの一室も対象になります。但し、当然ですが、その土地や建物などの物件所有者の同意が得られなければなりません。また、その土地の建物が老朽している時、場合によってその建物の取壊し分の費用を差引かれることもあります。

 

担保が安定的に存在する不動産といえど、物価は変動し続けています。いうまでもなく、不動産の価値も景気や経済などに影響を受けますので、不動産価値が下落すれば当然担保価値も下がります。しかし、返済を延滞などせずきちんとしていれば、追加担保を求められることは基本的にありません。但し、法人の場合には、条件の見直しが行われることも。例えば、毎月の返済額を増額にすることで、早めに元金を回収しようとするのです。

 

とはいっても、借入条件や詳細もやはり取扱業者によって異なります。事前に比べてみましょう。
不動産ローンは無担保より、大口融資を低金利で臨める大変便利なローンです。一方で、地価の変動や返済状況により左右されることも事実です。上手に利用したいローンですね!

↓優良カードローンを匿名で簡易審査するならこちらから↓

簡易審査はカードローンの公開情報を元にあなたに合ったカードローンを提示します。