債務整理

債務整理という言葉に聞き覚えはないでしょうか。法律事務所の方が広告で使っているのもよく見かけますね。実はそんなに難しい言葉ではありません。
債務整理とは、返済困難な債務(借金)を整理するということです。債務整理には4種類(過払い金返還請求を含む場合も)のことを指しますので、ご紹介します。

 

【自己破産】
返済困難な借入額の返済義務を全て免除する手続きです。
→詳しくは自己破産を参照下さい

 

【任意整理】
毎月の利息や返済額の減額を要求する方法です。裁判所は通さず、債務者本人又は弁護士や司法書士(代理人)が借入先の金融機関と交渉・示談することで決定します。和解策なので、希望通りの結果にならないこともありますが、うまくいけば返済がしやすくなります。

 

【民事再生】
個人再生と呼ばれることも。住居(持家などの財産)と住宅ローンはそのままに他の借入を減額し、3年間で分割返済していく方法です。完済できれば、住宅ローン以外の借金返済を免除されます。基本的に任意整理後で自己破産したくない時、住宅ローンの返済が困難になった時に利用しますが、借入の総額や支払期間に条件があります。

 

【特定調停】
裁判所を通す任意整理というイメージが近いです。返済が困難になった債務者本人が、簡易裁判所(借入先本社の所在地に付随)に申立てします。そして、裁判所の調停委員が債務者と借入先の仲介役になって、債務者が生活を立て直せるように調整する手続きです。双方の合意を調書に記載した際は,確定判決と同一の効力を持ちます。必要以上の取立てがない代わりに、調書通りの返済も求められます。
最低2回は裁判所へ足を運ぶ必要はありますが、費用は抑えられますので、メリットは多いです。但し、任意整理同様和解成立がスムーズにいかない場合もあります。また特定調停は、申立できる者に条件がある他、事故情報が信用情報機関に載る可能性もあるようです。

↓優良カードローンを匿名で簡易審査するならこちらから↓

簡易審査はカードローンの公開情報を元にあなたに合ったカードローンを提示します。