貸金業登録番号

全ての金融業者が持っている、それがこの貸金業登録番号です。
金融業の営業必須条件として、本社のある都道府県あるいは財務局の登録許可を受けなければいけません。つまり、登録番号がない企業は違法業者ということです。また、どの貸金業者も広告や店頭には、必ず登録番号を分かりやすい場所に提示することが、「貸金業規正法第3条」で義務付けられています。

しかし特に最近では、架空や実在の登録番号を詐称、類似の企業名を名乗るなど、無登録で貸金業を営んでいる悪質業者も絶えません。また、登録業者でも判断が必要な場合があります。安心して借入する為に、事前の登録番号確認をお勧めします。

 

【登録番号の例】

登録番号は、都道府県や財務局の管轄によって頭文字が変わります。
カッコ内の数字は営業年数で、3年ごとに更新されます。(2013年現在は(9)が一番古い数字)
(例)
東京都・・・「都(0)00×××号」
関東財務局・・・「関東財務局長(0)00×××号」

※違法業者などは頻繁に閉鎖や番号を再登録をするので、登録番号が提示されていても、
カッコ内の数字が(1)だったら注意をしましょう。登録業者といえど見極めが必要です。

 

【悪質業者なのか登録番号を確認するなら】

当サイトの悪質貸金業者情報(一覧でまとまっています!検索もOK!)
又は、各々財務局や金融庁のHPでチェックしてみて下さい。

 

 

↓優良カードローンを匿名で簡易審査するならこちらから↓

簡易審査はカードローンの公開情報を元にあなたに合ったカードローンを提示します。