事故情報(ブラックリスト)の登録状況を確認することってできるの?

■事故情報(ブラックリスト)の登録状況を確認することってできるの?

事故情報(ブラックリスト)に登録されるようなことをした覚えがないのに審査が通らない・・・もしかしたら知らない間に登録されているかもしれません。そんなときは事故情報(ブラックリスト)の登録状況を調べてみてください。
★登録状況は信用情報機関で確認しましょう

各信用情報機関には「本人開示制度」というものがあり、申込をするとこ自身の信用情報を確認することができます。信用情報機関で申込をして直接見ることもできますし、郵送も可能です。また、本人以外の申込でも大丈夫です。ただし、実際に開示される情報を受取れるのは本人のみとなります。

機関ごとに、必要書類、申込手数料の有無などが異なります。登録状況確認の申込をされる前に、各信用情報機関のホームページで申込方法等をご確認ください。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/open/index.html
株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/rkaiji/ki01_kaiji.html
※開示相談コーナーhttp://www.cic.co.jp/rkaisya/ks05_jigyousyo.html
株式会社日本信用情報機構
http://www.jicc.co.jp/
※2009年4月1日より,株式会社 Tera net(テラネット)や全国信用情報センター連合会(全情連)など当連合会加盟33情報センターから信用情報事業を委譲。
※2009年8月1日より,株式会社 シーシービー(CCB)は「株式会社日本信用情報機構」と合併。

★覚えがないのに事故情報(ブラックリスト)へ登録されているかも!?

今まで一度も遅延せずに返済をしている・債務整理をしたこともないのに,事故情報として扱われていた(ブラックリストに登録されていた)というケースがあります。

原因として考えられるのは大きくわけて2つです。

・同姓同名のため誤って登録されてしまった

・クレジットカードをスキミングなどで悪用され、自身の知らないところで登録されてしまった

信用情報機関から取得した自身の信用情報について疑問に思うことがあれば,調査依頼をかけることで誤った情報の訂正や削除をすることも可能です。

↓優良カードローンを匿名で簡易審査するならこちらから↓

簡易審査はカードローンの公開情報を元にあなたに合ったカードローンを提示します。