事故情報(ブラックリスト)が登録されてしまうと何が困るの?

■事故情報(ブラックリスト)が登録されてしまうと何が困るの?
事故情報が登録される(ブラックリストに載る)と、具体的にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
登録されると、登録されている期間は新規の借入はできないと考えていいでしょう。またその他にも、下記の手続きはできなくなりますので、事故情報(ブラックリスト)登録されないように十分気を付けましょう。

・ショッピングローン
・住宅ローン
・自動車ローン
・クレジットカード

ですが、事故情報(ブラックリスト)が登録されるのは「一定期間」ですので、その期間さえ過ぎてしまえば事故情報(ブラックリスト)は削除され、新たにクレジットカードを作ることも、借入をすることも可能になります。気になる事故情報(ブラックリスト)登録期間ですが、下記にまとめました。
★信用情報機関での事故情報(ブラックリスト)の登録期間
契約で決められた支払予定日より3ヶ月間支払が遅れた場合・・・5年間
自己破産・・・5年~10年間
任意整理・・・5年間
特定調停・・・5年間
過払い金請求・・・5年間
個人再生・・・5年間

言ってしまえば、新しく借入ができなくなるだけで、その他に支障は全くありません。事故情報(ブラックリスト)へ登録されることでの影響はあくまでも「金融機関での個人の信用情報」ですので、事故情報(ブラックリスト)へ登録されてしまったからといって、就職で不利になったり、勤め先から調査されたり、資格の制限が出たりなどの影響はないのです。基本的には、家族・親類等へ不都合などもありません。ですが、もしあなたが銀行等の金融機関に勤めている場合はこの限りではありません。

↓優良カードローンを匿名で簡易審査するならこちらから↓

簡易審査はカードローンの公開情報を元にあなたに合ったカードローンを提示します。